Technology

技術紹介

技術紹介

製品の背景技術をご紹介しております。

パラメトリックスピーカー

弊社の害獣対策装置には、周囲騒音対策としてパラメトリックスピーカーが使用されております。
パラメトリックスピーカーには、狭いエリアに音声を届ける機能があります。弊社の害獣対策製品ではこの機能と害獣の聴覚の鋭敏さを利用して、少ないエネルギーで害獣に忌避音声(苦渋音、外敵の威嚇音、犬の吠声等)を届けることで周囲騒音を考慮した害鳥獣を追い払うことを可能としています。

動体検知技術

動体検知によく使用されているのは、動体に光・電波・超音波をあて、その反射波を利用して、動体を検知する技術です。
反射波は距離の約3乗に比例して減衰するため、あまり距離が稼げません。
弊社の害獣対策装置も、近距離センサーに焦電センサー(動体の熱に反応するため反射波ではない)を装備して近距離の動体を検知して、発声のタイミングを生成しています。(センサー検知距離最大30m)
そのほか、左図に示すように、送波器と受波器を対向設置して、その遮断を利用して害鳥獣を検知する長距離センサータイプも用意しております。
一般に光波・電波・超音波等波の性質を持つエネルギーには、その伝搬路にフレネルゾーンという波の強弱帯が発生しており、そのフレネルゾーンの中心帯を遮ると、減衰をもたらします。
このような対向遮断方式センサーの特徴は、無線機と同様な受信感度が取れることから、長距離のセンサーを可能とします。
電気柵の代わりとして無線で検知ゾーン(≒1.5mの円形)を作って、そこを遮断する動物を検知して発声し、害鳥獣を追い払います。

害獣撃退技術(1)

害獣対策で特に問題になるのが、害獣の学習能力による「順化」で、害獣は環境に順応して、その外来危険に対して学習します。学習する様子は、その環境からの危険作用・忌避音声等に対して、初回遭遇時は退避行動を行いますが、2回目以降は、その危険作用の源及び音源等を特定しようとして、立ち止まって確認する行動に出ます。もし同一の音源等と認識されれば、以降は、その音源(忌避音声)に対して退避行動をとらなくなります。この「順化」、「馴れ」の学習行動能力は、能力の大小はあれここで対象とするほぼすべての害鳥・害獣に見られます。弊社では、上記の害獣生態に対して、防護区域に侵入した害鳥獣に対して、音源を特定することができなくするように、害獣対策装置を組み合わせて、害獣を追い払います。具体的には、左図のように、多種忌避音声を同時発声できるようにして、害獣に音源を特定できないようしております。(退避するしかないような状況に追い込む)
最小構成(害獣対策装置+害獣検知装置)の組み合わせで、十分効果がありますが、害獣検知装置を増やすことで、より効果的となります。

害獣撃退技術2

害獣対策装置(消音スピーカータイプ)の標準的な害獣を追い払う方法を左図に示します。
具体的な動作は下記の通りです。
1.検知器のセンサーで害獣の検知エリアを決めます。(標準は、検知距離:30m 検知角度 水平方向:160°(軸中心±80°))
2.検知区域に侵入した害獣を検知します。
3.忌避音声(苦渋音、外敵の威嚇音、犬の吠声等)で超音波を変調して、検知エリアの害獣に発声します。
4.発声は10秒~20秒程度です。
5.害獣は検知エリアから退避行動を行います。