YNJBA41LR

害獣撃退装置 YNJBA41LR

害獣撃退装置(パラメトリックスピーカー+マイクロ波害獣検知装置)の特徴

YNJBA41LRは田畑等の長距離エリア監視を行えるように開発された害獣対策装置で パラメトリックスピーカー(消音スピーカー)タイプにマイクロ波検知装置を装備した装置です。検知装置は最大40mの害獣を検知できます。お客様防護区域を常時監視し害獣検知のタイミングで苦渋音・警戒音等の生態音響を消音スピーカーで発声し害獣を追い払って獣害軽減を図ります。パラメトリックスピーカーは、超音波変調を用いて害獣に忌避音声を届けるスピーカーで、126dB/0.3mの大音量にもかかわらず、スピーカーの中心でしかその音声が聞こえることがなく、設置騒音となるような環境のお客様の使用に最適です。
害獣撃退装置(パラメトリックスピーカー+マイクロ波害獣検知装置)仕様

害獣撃退装置(パラメトリックスピーカー+マイクロ波害獣検知装置)

型式:YNJBA41LR
YNJBA41LRは、害獣検知にマイクロ波を使用した害獣撃退装置で、長距離の害獣検知(最大40m)が可能です。
特徴
1.太陽電池+バッテリーの運用で、メンテナンスフリーです。
2.単体で設置して、最大検知距離:40m、検知幅:4°(軸中心±2°)に存在する害獣を検知して追い払うことができます。
3.検知幅が狭いため、電気柵の代用として使用可能です。
4.害獣検知にマイクロ波(24GHz帯)を使用しており、電気柵と違い下草の管理にあまり気を遣う必要がりません。(草木のなびき等には反応しにくくなっております)
5.検知時発声のみの為、長期雨天時バッテリー動作が長持ちします。
6.スピーカーに超音波変調技術を応用し、周囲騒音を考慮したパラメトリックスピーカーを使用しています。
7.耐候強化スチール素材を使用して耐腐食性を強化しております。
一般定格
1.対象害獣:イノシシ、シカ、クマ、カラス、ハト、ハクビシン
2.スピーカタイプ:消音スピーカー(パラメトリックスピーカー)
3.スピーカ出力:126dB SPL/0.3m以上
4.忌避音到達距離:約50m
5.動作電源電圧:10.8V (バッテリー駆動)
6.異種忌避音声:10種以上
7.設置:単一設置
8.検知距離:40m以上
9.検知範囲:前方中心軸 ±2° 
10.検知対象:動物 ・鳥
11.検知時間:600msec以内
12.本体寸法 高さ:322mm 幅:252mm 奥行き:171mm 
13.本体重量:2kg以下 付属品(取説・AC/DC電源パック):0.1kg
12.バッテリ動作時間:太陽電池パネルの充電補助にて、2年以上
      ※一週間以上の雨・曇天時(十分な太陽光を得られないとき時)は付属の充電パックで充電が必要となる時がありますが、通常は「晴天」が戻って2時間のソーラーパネル充電で復旧します。
直接販価:15200円
送料:無料
害獣撃退装置