Installation

害獣対策装置 の設置

害獣対策装置の設置は、装置付属品の鋭角ボルト(4本)を装置本体にある支柱受けに取り付けて行います。下記画像は、害獣撃退装置YNJBA41の設置を参照として掲げています。
1.獣害対策を行いたい場所・位置を正確に決めます。
2.追い払いの生態音響(忌避音声)を害獣に対して、正面或いは側面どの方向から当てるのかを決めます。
3.装置付属の取り付けボルト4本を装置本体支柱受けに取り付けた後、位置の目安となるように、軽く地中に押し付けて、マーキングします。
4.マーキングした位置に穴掘り機等で15~20cmの穴を掘ります。
5.穴掘り位置に、装置をセットして固定します。

設置要領1

付属品の確認

付属品の長ねじ(4本)を確認します。 長ねじは、地面に突き刺せるように鋭角に加工されています。
設置要領2

付属品の取付

取付位置①~④に長ねじをはめ込みます
設置要領3

設置

設置においては、長ねじを15cm以上差し込んで、固定してください