害獣の対策は合同会社YNE

害獣対策装置の特徴・仕様

害獣対策装置の特徴

害獣対策のための装置を全国に向けて製造・販売しており、お客様の使用される環境に応じて製品を選んでいただくことができます。また、お客様の困りごと・要望をお聞きした上で、害獣対策のアドバイス及びカスタムシステムをご提供いたします。お気軽に電話・fax・メールをお寄せください。

弊社の害獣対策装置は、害獣の「馴れ」を防止するために開発した、「同時異種発声システム」による発声方法が特徴で、持続的に害鳥獣を追い払うことができます。

※同時異種発声システムーーー予めお客様の「荒らされたくない区域」に、定時又は害獣検知時に区域に2か所以上から、同時に異種の忌避音声(苦渋音等)を放射し、害獣に音源を特定できなくして追い払い、2回目以降の『馴れ』による追い払う効果減衰の予防対策を施したシステム。

害獣対策装置のスピーカータイプについて仕様をご案内します

害獣対策装置にはホーンスピーカタイプ(爆音タイプ)とパラメトリックスピーカータイプ(消音タイプ)の2種類があり、お客様がご使用になる環境に応じて製品を選んでいただくことができます。ホーンスピーカータイプは構成が簡単なためパラメトリックスピーカータイプよりも安価で購入いただくことができますが、100dB(電車が通過中の高架下に居る際に感じる程度)の音量がスピーカーよりダイレクトに流れるため、周囲に民家などがある場合は騒音トラブルが発生する可能性がございます。

人が多く住むエリアではパラメトリックスピーカータイプの装置使用をおすすめしており、こちらはスピーカー出力が126dBもありながら発声される音声の聞こえる範囲が限定され、侵入している害獣にのみその音を届け追い払う仕組みになっております。装置の選択に迷われる場合は状況を伺って、最適な方法をご提案いたしますので一度ご連絡ください。

害獣対策装置の発声タイプについてご説明いたします

販売中の害獣対策装置は忌避音・集団警戒音・天敵警戒音など動物の嫌う音声を流すことによって田畑・森林などへの侵入を防いでおります。この音声を発声する際、定時になると流れるタイプのものとセンサーにより害鳥獣を検知した場合にのみ流れるものをご用意しております。センサー式はバッテリーの負荷が最小となるため長雨等太陽光不良時の動作が長持ちするというメリットがあります。バッテリーは太陽電池パネルの充電補助を行うことで2年以上の動作確認が取れております。

また動物が現れた時を狙い発声するので、確実に害鳥獣を追い払うことが可能となっております。害鳥獣の検知には熱に反応する焦電センサーを利用しており、害鳥獣が発する熱の強弱(赤外線)による変化をとらえて検知する仕様(検知距離30m、±80°)となっております。またより遠くの害獣検知では対向遮断タイプのセンサーを用意して、広い範囲の害鳥獣を追い払うことを可能としております。

害獣対策装置の使用方法についてご案内いたします

害鳥獣による田畑・森林の荒害に対策するため、害獣対策装置を全国のお客様に向けて配送しております。ご購入の際はお客様が現在お困りの害鳥獣についてや設置予定の場所などをご相談いただけましたら、開業より商品の開発・改良開発のために培ってきました技術を活かしてお客様の害獣被害についてのお困りごとにアドバイスすると共に、適切な商品から設置の方法・使い方までアドバイスしてまいります。

操作は主に装置の背面にある操作用のスイッチやツマミから行ってください。使用用途が分からない、操作方法で困っているといったお困り事がございましたら、スタッフが回答にあたっております。複雑な設定方法はなく、電源スイッチ、発声の時間間隔設定、発声の時間帯をアナログな方法で取り扱いできるようになっております。家庭にて使用方法をご覧いただけるようネットにも使用方法を掲載しております。