害獣の対策は合同会社YNE

害獣対策装置の訴求点

害獣対策で様々な動物による被害を軽減します

田畑や山林を荒らすイノシシやシカなどに悩まされている農業や林業を営む方に向けて害獣撃退装置を製造・販売しております。この装置は野生動物の嫌う忌避音声を一定間隔、あるいはセンサーによる害鳥獣を検知して発声して害鳥獣を追い払うことができます。

これまで柵やネットでイノシシ対策をしても追い払えなかった方、広範囲にわたって山林のシカによる食害を受け手の打ちようがなかった方はぜひ一度害獣対策装置をご検討ください。

害獣対策のための装置でいのししの被害から田畑を守ります

近年イノシシの生息数が増殖し食害の報告が増えてまいりました。イノシシは足が短く積雪量の多い北日本側の地域では活動が難しいため、元々日本でも南側の地域にのみ生息している生き物です。それが昨今では東北地方でも目撃例が相次ぐようになり、その被害の範囲はどんどん拡大していくばかりです。一番の要因は天敵であったオオカミの絶滅で、天敵がいなくなったイノシシは人の手により個体数の調整をしなければならないほどに増殖してしまいました。

しかし狩猟者の数も減少しているため、これからもイノシシによる被害はどんどん増えていくと予想されます。イノシシは1m程度の柵なら軽々超えてしまうため、被害対策の難しい生き物です。弊社では追い払う効果が広く認識されている忌避音にて、被害を最小限に抑えます。より完全にイノシシを追い払うために、イノシシの「馴れ」行動に対応した「同時異種発声システム」によってイノシシの音源特定能力及び一様音声学習能力を無力化して、持続的にイノシシを追い払うことできます。一度ぜひご検討ください。

鹿などの食害対策でお困りの方へ装置を提案します

鹿による食害は主に森林地帯にて発生します。国内に広く分布するニホンジカやエゾシカは幅広い種類の植物を食べ、芝や木の葉だけでなく食べ物の少ない時期になると樹皮も剥がして食べてしまいます。鹿の密集地帯になると届く範囲に生えている植物全てを食べ尽くし、ほんの短期間の間に山林の姿を変え裸地化してしまう地域もあるほどです。これは林業を営む方に取って莫大な損失になるだけでなく放っておくと土壌の流出等を起こす危険性もあるため、早めに対策を取らなければなりません。

販売する害獣撃退装置は鹿の嫌う忌避音声を複数個所で同時にしかもそれぞれ異種の音声を発声する「同時異種発声システム」によって鹿の「学習能力」をなくし、持続的に鹿を追い払うことができます。またホーンスピーカー(爆音タイプ)によって幅広い範囲をカバーすることができ、一定時間ごとにランダムに異種忌避音声を流し続ける設定も可能ですので、広い山林でも鹿による食害によって荒らされる区域を最小限に留めることができます。もちろん人里に降りて来た鹿対策として、騒音の少ないパラメトリックスピーカータイプ(消音タイプ)も選択できます。