Blog

販売中の鳥獣撃退装置などについて情報を発信しています

いのししや害鳥など野生動物に対する豆知識などもお話しています

害獣や害鳥・昆虫の被害でお困りの方に向けて、対策用の装置を数種類開発・販売しております。お客様の使用する環境に合わせて装置をお選びいただくことができ、その選択方法やそれぞれの機能・技術や応用について詳しく解説しております。

使用や設置に何か疑問やご不満がありましたら、解説についてブログ上でもご覧いただくことができますのでご安心ください。また害獣被害を少しでも軽減するため、役立つ豆知識や装置と一緒に行うとより効果の得られる対策方法などをご紹介していきます。

  • 害獣対策装置

    クマ被害と撃退について

    2020/11/03
    ご存じのように、日本におけるクマは、大きく主に本州に生息する、ツキノワグマと北海道に生息するヒグマに分類されます。 NHKの調べによると、今年クマに襲われてけがをした人は少なくとも63人に...

NEW

  • 動物の体温と検知について

    query_builder 2020/12/28
  • 害獣の動体検知について

    query_builder 2020/12/12
  • クマ被害と撃退について

    query_builder 2020/11/03
  • 「超音波変調技術」について

    query_builder 2020/10/09
  • 動物の鳴き声と聴覚

    query_builder 2020/09/19

CATEGORY

ARCHIVE

害鳥の被害で最も多いのがカラスによる食害です。カラスはご存知の通り雑食性で餌へのこだわりがないため、都市部ではごみ捨て場の生ごみを荒らし、田舎では畑の果実や野菜などの農作物を食い荒らします。時にはビニールハウスを破って中の作物を食い荒らすといった被害や、雑食ゆえにニワトリの卵を食べるなど、他の鳥類や害獣には見られない特殊な被害もございます。

カラスは非常に賢い生き物のため、防鳥テープやカラスの死体の模型といったものにはすぐに慣れてしまいます。さまざまな工夫を凝らしたけれどカラスによる被害が減らない方、ゴミ捨て場を荒らすカラスに困っている方はぜひ一度ご相談ください。田畑を守る設置型の害獣撃退装置から、ゴミ捨て場などでカラスに遭遇した際、すぐに使うことのできる携帯型の装置まで、お客様の利用環境に合わせた対策製品をお選びいただくことができます。