• 害獣対策装置
  • 害獣対策装置
  • 害獣対策装置
  • 害獣対策装置
  • 害獣対策装置
野生動物の生態に対応
害獣対策装置
害獣対策 標準型 害獣撃退装置
害獣対策 害獣検知型 害獣撃退装置
アライグマ・ハクビシン対策 ハウス内対策
全方向型 害獣撃退装置
田畑 人家侵入対策 害獣検知型 害獣撃退装置
シカ対策決定版 
同時異種発声型 害獣撃退装置

scroll_down

 
Concept

害獣による農作物被害の軽減及び人家侵入の防止

野生動物の生態に対応した害獣対策装置

害獣による獣害は近年徐々に増え始めており、農家における田畑への侵入・荒らされ被害や林業・観光業などを営む方における害獣出現だけでなく時には個人宅の家庭菜園・花壇なども荒らされることがあり、そのような害獣の追い払いに手を焼いていらっしゃる方も多いことでしょう。地方の過疎化や離農により耕作放棄地が増え、野生動物の好む環境が増加していることも獣害増加の一因と言えます。

柵をしても土を掘られ、ネットで囲んでも鳥の鳥害に遭い、特に農業や林業などで生計を立てていらっしゃる方々にとって鳥獣害は本当に死活問題となる悩みかと考えられます。こういった人力での対策に限界を感じていらっしゃるお客様に向けて、さまざまな害鳥獣を追い払う害獣対策装置をご提案しております。
また、害鳥獣の生態や行動を詳しく理解し、共存・共生するための総合的な対策や害鳥獣の様々な知見・研究結果を広く収集して、総合的な対策を紹介・提案してまいります。

Product-introduction

害獣対策装置

害獣対策装置の特徴

1.生態音響を利用した害獣撃退装置です。
 撃退音声は従来の人工合成音ではなく、猟友会様の協力を得て採取した自然界での「苦渋音」や「天敵警戒音」などの生態音響を利用しています。
 生態音響による撃退装置は下記の2つの利点があります。
 (1)同じ種の動物が発する苦痛の声であるため、動物がその声に慣れてしまうことがありません。(持続的な追い払い)
 (2)小さな音量でも効果があり、都市部や郊外では近隣住民への迷惑を最小限に抑えることができます。
2.環境に優しい装置
 屋外機器の電源に太陽光パネル充電型二次電池を採用し、間欠動作によって機器消費電流を最小限に抑え環境にやさしい害獣対策装置となっております。
Product Topics

製品トピックス

害獣撃退装置 YNJBA13

型式:YNJBA13
生態音響(捕獲時苦渋音、狩猟時の吠声、天敵警戒音等)による定時発声(1分~60分)によって、害鳥獣を追い払う「害獣撃退装置」です。
特徴
1.バッテリーの容量を従来機より4倍に増量し、太陽光量不足によるバッテーリー持ちを長くしました。
2.太陽光パネルを2枚にするとともに、回転機構を設け、従来の設置向きによる光量不足を解消しました。
3.バッテリー容量が大きい為、定時発声の頻度を高めたい時(最短1分等)等に効果を発揮します。
4.生態音響は、猟友会の皆様より提供頂いた駆除時の苦渋音・天敵の威嚇音・猟犬の吠声等を5種類以上をランダムまたは重ね合わせて発声することにより、害獣の「馴れ」を防止して持続的な対策として効果を発揮します。(持続的撃退対策)
5.スピーカに強力なコーンスピーカを使用しています。※1
6.耐候強化スチール素材を使用して耐腐食性を強化しております。
7.構成・価格ともに最もシンプルな機器です。
※1本機のスピーカーは市町村の害獣撃退装置の補助金拠出条件であるSPL:100dB/1m以上には該当致しません。

定価:6500円
送料:950円(全国一律)
Service

害鳥獣の追い払いをお考えの方へ適切な獣害対策をアドバイスします

装置の使用方法・設置方法についてなどのほか、獣害対策についてのご相談も承ります。

獣害に遭われている全国のお客様より日々お悩みの声をいただいております。東京都福生市に拠点を置き害獣対策装置の製造・販売を行っておりますが、国内であれば全ての都道府県に宅配便にて製品をお届けしておりますので気軽にお問い合わせください。被害についてのご相談や製品選びについてのご質問につきましては電話・faxやメールにてお受けしております。 主に日本の南部に生息するイノシシから、青森以南に生息するツキノワグマ・国内全土に生息する鹿・アライグマ・イタチ・ハクビシンやカラス・スズメやヒヨドリ・カモといった害鳥獣に対応しておりますので、どちらにお住まいのお客様でも幅広い害獣の追い払い装置としてご活用いただけます。近年獣害がより一層増えてきておりますので、人力での対策に限界を感じましたらぜひお問い合わせください。

害獣対策装置でいのししの被害から田畑を守ります

近年イノシシの生息数が増殖し食害の報告が増えてまいりました。イノシシは足が短く積雪量の多い北日本側の地域では活動が難しいため、元々日本でも南側の地域にのみ生息している生き物です。それが昨今では東北地方でも目撃例が相次ぐようになり、その被害の範囲はどんどん拡大していくばかりです。一番の要因は天敵であったオオカミの絶滅で、天敵がいなくなったイノシシは人の手により個体数の調整をしなければならないほどに増殖してしまいました。

しかし狩猟者の数も減少しているため、これからもイノシシによる被害はどんどん増えていくと予想されます。イノシシは1m程度の柵なら軽々超えてしまうため、被害対策の難しい生き物です。弊社では追い払う効果が広く認識されている生態音響(忌避音声)にて、被害を最小限に抑えます。より完全にイノシシを追い払うために、イノシシの「馴れ」行動に対応した「同時異種発声システム」によってイノシシの音源特定能力及び一様音声学習能力を無力化して、持続的にイノシシを追い払うことできます。一度ぜひご検討ください。

鹿などの食害対策でお困りの方へ対策装置を提案いたします

鹿による食害は主に森林地帯にて発生します。国内に広く分布するニホンジカやエゾシカは幅広い種類の植物を食べ、芝や木の葉だけでなく食べ物の少ない時期になると樹皮も剥がして食べてしまいます。鹿の密集地帯になると届く範囲に生えている植物全てを食べ尽くし、ほんの短期間の間に山林の姿を変え裸地化してしまう地域もあるほどです。これは林業を営む方に取って莫大な損失になるだけでなく放っておくと土壌の流出等を起こす危険性もあるため、早めに対策を取らなければなりません。

販売する害獣撃退装置は鹿の嫌う生態音響(忌避音声)を複数個所で同時にしかもそれぞれ異種の音声を発声する「同時異種発声システム」によって鹿の「学習能力」をなくし、持続的に鹿を追い払うことができます。またホーンスピーカー(爆音タイプ)によって幅広い範囲をカバーすることができ、一定時間ごとにランダムに異種忌避音声を流し続ける設定も可能ですので、広い山林でも鹿による食害によって荒らされる区域を最小限に留めることができます。もちろん人里に降りて来た鹿対策として、騒音の少ないパラメトリックスピーカータイプ(消音タイプ)も選択できます。

害獣対策のためにさまざまなシーンでお使いいただける害獣対策装置を販売

害獣・害鳥による被害を抑えるために、柵を造りネットを張り、匂いや音・カカシなどさまざまな工夫を凝らし撃退している方も多いかと考えております。しかし野生動物は以外に賢く、それらの工夫をものともせず田畑や森林に入り込んでいく個体が何匹もいるのが現状です。「何をしても結局畑が荒らされてしまう」と嘆いている方は、ぜひ一度弊社害獣対策装置をお試しください。この装置は動物や鳥の嫌う忌避音・集団警戒音・天敵警戒音などの生態音響の発声の仕組みを従来製品とは変えて発声させて、害獣が柵などを乗り越える前に効力を発揮し被害を最小限に抑えることができます。

定時発声タイプに加えてセンサー発声タイプの装置もご用意しており、設置の仕方を工夫することで森林などの幅広い範囲までカバーすることが可能となっております。森林の被害では鹿による枝葉の食害や剥皮被害が全体の約7割を占めており、林業・農業を行う方にとって被害額は莫大なものとなるため頭を抱えていらっしゃる方も多いかと考えております。この装置はもちろん鹿も撃退できますので、鹿による森林被害を気にしておられるお客様はぜひ一度ご相談ください。

Motion-Video

害獣対策装置 動画紹介

野生動物のマイクロ波検知

野生動物のマイクロ波検知
害獣撃退装置YNJBA41(マイクロ波ドップラー検知タイプ)でヌタ場付近のイノシシの検知を試みたところ、沼対岸の狸が捉えられていました。狸は、生態音響の発声に対して退散しています。この生態音響はパラメトリックスピーカーで発声され、約40mの沼対岸でも十分聴取可能のようです。
Blog

鳥害・獣害の対策装置の情報などを発信しています

害獣ついての生態や豆知識などもお伝えします

害獣対策装置
害獣対策における超音波活用
害獣対策装置
生態音響を利用したシカ対策装置
害獣対策装置
鉄道線路の害獣対策
野生生物の生態(聴覚)
野生生物の生態(聴覚)
野生動物の生態(視覚)
野生動物の生態(視覚)
害獣対策装置
全方位型スピーカーの害獣対策への応用
害獣対策
持続的な害鳥獣対策
害獣出現警報器
害獣出現警報器について
害獣対策装置
害獣対策装置の間欠動作
地震被災地のイノシシ
東日本大震災と害獣被害
害獣検知方式
害獣の撃退対策
獣道
多摩川の害獣
Q&A

お客様より寄せられたよくある質問にお答えします

Voice

害獣対策装置をご購入いただいた方の声を紹介します

実際にご使用いただいた感想をご覧いただけます

Technology introduction

技術紹介

害獣の生態・害獣対策の最新技術・研究や製品の背景技術を紹介しております。

Access

鳥害・獣害でお困りの方へ全国どこでも配送、設置相談に応じております

概要

合同会社YNE
〒197-0003
東京都福生市熊川1296-1 ヒラボウマンション武蔵野405号

0120-503-280

0120-503-280

FAX:042-553-5819 営業時間:9:00 〜 17:30 (日曜・年末年始を除く)

アクセス

JR青梅線拝島駅より、16号線沿いに徒歩15分です。福生消防署熊川出張所東隣の、ヒラボウマンション武蔵野405号室に事務所があります。
消防署の隣で、住民以外の駐車場がほとんどありません。ご来社の際は、駅より連絡していただければ、お迎えいたします。

About us 害獣対策をお考えのお客様へ害獣対策装置をご案内しています

鳥害・獣害対策のお手伝いをいたします

地方人口の過疎化や農業離れにより空き家や耕作放棄が年々増加し、かつての人里は野生動物が好みやすい環境になりつつあります。それと併せて様々な要因により、近年では害獣・害鳥の数がどんどんと増加傾向にあるようです。弊社はそういった鳥害・獣害へ対策するための製品を開発・販売しており、現在全国よりお問い合わせをいただいております。害獣対策には柵やネットといった基本的な防御策が基本ですが、害獣の中でも特にイノシシは運動能力が高く畑への侵入を防ぐのが難しいと言われています。

イノシシは掘り返す能力に優れているためどんなに高い柵を張り巡らせても柵の下を掘り潜り込んでくるのです。それだけではなくわずか20cmという隙間でもくぐり抜けてしまうため、そもそも柵自体が無意味ということもございます。さらには意外にもジャンプ力があり1m程度の高さでしたら軽々飛び越えてしまうため、そうなってしまうと人の手だけで対策するのは大変難しいと言えるでしょう。害獣対策装置は物理的に防ぐのではなく、自然界での「苦渋音」や「天敵警戒音」などの野生動物の生態音響を発声する仕組みを変えることで獣害を最小限に抑えています。装置単体でも十分な効果がありますが、弊社「同時異種発声システム」や柵やネットと合わせることで、より強力に防御することができます。