• 害獣対策装置
  • 穏やかな里山
  • 自然の輝き
害獣対策のための
装置を販売
対象害獣:鹿・イノシシ・ツキノワグマ
     ヒグマ・アライグマ・猿等
対象害鳥:カラス・ハト・スズメ等
対象害獣:鹿・イノシシ・ツキノワグマ
     ヒグマ・アライグマ・猿等
対象害鳥:カラス・ハト・スズメ等
対象害獣:鹿・イノシシ・ツキノワグマ
     ヒグマ・アライグマ・猿等
対象害鳥:カラス・ハト・スズメ等

scroll_down

Motion-Video

害獣対策装置 最新動画紹介

多摩川河川敷の代表的害獣の狸。害獣撃退装置のセンサーとカメラを連動した監視画像。

増え続ける多摩川河川敷の害獣は、次第に人間社会に入り込みつつあるようです。狸は、元来警戒心が強い動物ですが、人間への「馴れ」のせいか、最近は人家に出没する頻度が増えてきているようです。臆病そうですが、時に凶暴になるときもあります。
多摩川河川敷の狸を害獣撃退装置のセンサーとカメラを連動させ下記2種類のタイミングを作って監視しました。
VOL 1 2021/01/16 多摩川河川敷の代表的害獣の狸。害獣撃退装置のセンサーとカメラを連動した監視画像。(忌避音声を発声しない)
VOL 2 2021/01/16 多摩川河川敷の代表的害獣の狸。害獣撃退装置のセンサーとカメラを連動した監視画像。(忌避音声を発声した)
狸に撃退装置から忌避音声を発声した狸の反応ですが、「シカ」と同様にすぐに驚かず、一端立ち止まっていやな表情で抗うような仕草を見せて、その後去って行きました。一週間ほど監視しましたがそれ以降は現れませんでした。忌避音声は少なくともある時間以上は、連続して発声しないと効果は少ないようです。また驚くほど「シカ」と似た行動を取ることがわかりました。(立ち止まっての抗うような反応)
Concept

害獣による農作物被害の軽減及び人家侵入の防止

野生動物にやさしい害獣対策装置

害獣による獣害は近年徐々に増え始めており、農家における田畑への侵入・荒らされ被害や林業・観光業などを営む方における害獣出現だけでなく時には個人宅の花壇なども荒らされることがあり、そのような害獣の追い払いに手を焼いていらっしゃる方も多いことでしょう。地方の過疎化や離農により耕作放棄地が増え、野生動物の好む環境が増加していることも獣害増加の一因と言えます。 柵をしても土を掘られ、ネットで囲んでも鳥の鳥害に遭い、特に農業や林業などで生計を立てていらっしゃる方々にとって獣害・鳥害は本当に死活問題となる悩みかと考えられます。こういった人力での対策に限界を感じていらっしゃるお客様に向けて、さまざまな鳥獣を追い払う害獣対策装置を販売しております。 弊社の「害獣対策装置」は下記に示す特徴があります。 1.設置が簡単です。 2.メンテナンスフリーです。屋外に設置してからは、太陽光で2年以上動作可能です。 3.害獣の追い払いに効果的な、「害鳥獣の苦渋音」、「鷹・鷲天敵警戒音」、「番犬の吠え声」等を5種類以上の忌避音をランダム発声して害獣を追い払います。 4.弊社独自の「同時異種発声システム」で害鳥・害獣の「馴れ」を防止し、持続的に害鳥・害獣を追い払います。 5.忌避音自体も、超音波変調を使用した消音スピーカー(爆音タイプもあります)の為、周囲への騒音とならないように工夫されております。
Product introduction

製品紹介

害獣対策で柵やネットを使ってもいまいち効果を得ることができないとお考えの皆様へ、害獣対策装置による害獣を追い払う装置を提案しております。
開発した害獣対策装置はお客様の防護エリアへ侵入する害獣に対して、定時及び害獣検知時に、害獣に「苦渋音」や「天敵音」などを発声して追い払う標準タイプに加え、害獣・害鳥に対して2か所以上から同時異種の忌避音声を発声して害獣の「馴れ」を防止する対策を組み込んで害獣を追い払う「同時異種発声システム」タイプを用意しております。
「同時異種発声システム」タイプは、お客様の防護したいエリア(農作物栽培地や森林等)への害獣の侵入を「持続的に追い払う」製品になっております。
お客様の様々な提案・要望を丁寧に落とし込んだ製品開発を心掛けております。
お客様の設置環境による問題・悩みを解決すべく、最適な害獣対策装置をお届けいたします。
(左図 害獣撃退装置(標準タイプ))

Product Topics

製品トピックス

YNJBA05

型式:YNJBA05
「害獣撃退装置」に「同時異種発声システム」を装備して、害鳥獣を検知して同時多方向より異種忌避音声を発声して害鳥獣を持続的に追い払う装置です。
特徴
1.対向又は複数設置して、最大検知距離:30m、検知幅:160°(軸中心±80°)に存在する害鳥獣を検知して、持続的に害鳥獣を追い払うことができます。
2.「同時異種発声システム」の親機として作動させ、害獣検知時又は定時発声時に子機へ「一斉発声」を指示して害獣を撃退します。
3.「同時異種発声システム」で子機として作動させ、親機の「一斉発声」指示により親機とは異種発声を行い害獣を撃退します。
4.井桁に設置して、任意の区画・田畑の周回害鳥獣侵入監視・害鳥獣撃退装置として使用できます。
5.スピーカーに超音波変調技術を応用し、周囲騒音を考慮したパラメトリックスピーカー(消音スピーカー)を使用しています。
6.害獣検知型のため、バッテリーが長持ちします。
※「同時異種発声システム」----害鳥獣の「馴れ」を防ぐためのシステムで、発声音声は、「親機」「子機」それぞれ異種の忌避音(苦渋音等)で変調された超音波送信機で、検知エリア内の害獣に届けられ、更に多方向(最低2方向)からの発声によって、害鳥獣に音源が特定できないようにして、持続的に害鳥獣を追い払います。(一般に音源が単一・一様で、その音源場所が特定されてしまうと害鳥獣は学習(馴れ)をしてしまうことが、数々の研究・実証試験で証明されています)
Technology introduction

技術紹介

製品の背景技術を紹介しております。

Blog

鳥害・獣害の対策装置の情報などを発信しています

害獣ついての生態や豆知識などもお伝えします

水浴びするクマ
動物の体温と検知について
動体検知
害獣の動体検知について
害獣対策装置
クマ被害と撃退について
超音波変調技術
「超音波変調技術」について
ワニの声
動物の鳴き声と聴覚
害獣対策装置
音のコミュニケーション
害獣対策装置
台風の眼の中の蝶
害獣対策装置
動物(害獣)センサーについて
台風とイノシシ
台風とイノシシ
害獣対策装置
害鳥・害獣の持続的な撃退効果について
害獣対策装置
ハトの生態について
害獣対策装置
泳ぎの得意なイノシシ
Q&A

お客様より寄せられたよくある質問にお答えします

Voice

害獣対策装置をご購入いただいた方の声を紹介します

実際にご使用いただいた感想をご覧いただけます

Access

鳥害・獣害でお困りの方へ全国どこでも配送、設置相談に応じております

概要

合同会社YNE
〒197-0003
東京都福生市熊川1296-1 ヒラボウマンション武蔵野405号

090-5492-6460

090-5492-6460

FAX:042-553-5819 営業時間:9:00 〜 17:30 (日曜・年末年始を除く)

アクセス

JR青梅線拝島駅より、16号線沿いに徒歩15分です。福生消防署熊川出張所東隣の、ヒラボウマンション武蔵野405号室に事務所があります。
消防署の隣で、住民以外の駐車場がほとんどありません。ご来社の際は、駅より連絡していただければ、お迎えいたします。

About us 害獣対策をお考えのお客様へ害獣対策装置をご案内しています

鳥害・獣害対策のお手伝いをいたします

地方人口の過疎化や農業離れにより空き家や耕作放棄が年々増加し、かつての人里は野生動物が好みやすい環境になりつつあります。それと併せて様々な要因により、近年では害獣・害鳥の数がどんどんと増加傾向にあるようです。弊社はそういった鳥害・獣害へ対策するための製品を開発・販売しており、現在全国よりお問い合わせをいただいております。害獣対策には柵やネットといった基本的な防御策が基本ですが、害獣の中でも特にイノシシは運動能力が高く畑への侵入を防ぐのが難しいと言われています。

イノシシは掘り返す能力に優れているためどんなに高い柵を張り巡らせても柵の下を掘り潜り込んでくるのです。それだけではなくわずか20cmという隙間でもくぐり抜けてしまうため、そもそも柵自体が無意味ということもございます。さらには意外にもジャンプ力があり1m程度の高さでしたら軽々飛び越えてしまうため、そうなってしまうと人の手だけで対策するのは大変難しいと言えるでしょう。害獣対策装置は物理的に防ぐのではなく、イノシシの嫌う音声を発声する仕組みを変えることで獣害を最小限に抑えています。柵やネットと合わせることで、より強力に防御することができます。

害獣対策のためにさまざまなシーンでお使いいただける害獣対策装置を販売

害獣・害鳥による被害を抑えるために、柵を造りネットを張り、匂いや音・カカシなどさまざまな工夫を凝らし撃退している方も多いかと考えております。しかし野生動物は以外にかしこく、それらの工夫をものともせず田畑や森林に入り込んでいく個体が何匹もいるのが現状です。「何をしても結局畑が荒らされてしまう」と嘆いている方は、ぜひ一度弊社害獣対策装置をお試しください。この装置は動物や鳥の嫌う忌避音・集団警戒音・天敵警戒音などの発声の仕組みを従来製品とは変えて発声させて、害獣が柵などを乗り越える前に効力を発揮し被害を最小限に抑えることができます。

定時発声タイプに加えてセンサー発声タイプの装置もご用意しており、設置の仕方を工夫することで森林などの幅広い範囲までカバーすることが可能となっております。森林の被害では鹿による枝葉の食害や剥皮被害が全体の約7割を占めており、林業・農業を行う方にとって被害額は莫大なものとなるため頭を抱えていらっしゃる方も多いかと考えております。この装置はもちろん鹿も撃退できますので、鹿による森林被害を気にしておられるお客様はぜひ一度ご相談ください。